10月(秋)に世界的混乱が予言されてるとかなんとか…

 アメリカの議会がオバマケアの件でごったごったしています。
TPP交渉の場にも欠席。
そして、今月半ばに期限を迎える米国の債務上限問題。
これを乗り越えられなかった場合、アメリカがデフォルトする事になりますね。
再び金融危機の嵐?
リーマンショックの再来??

まぁ、なんにせよ、起こってしまったら、混乱は発生しそうですね。
 

 さて、混乱っていうのは突然起きたりするわけですが、混乱が起きたとして、どうするのが一番いいのでしょうか。
混乱の最中に於いて、周囲の混乱に中てられて、自分も混乱してしまうっていのは一番マズそうですね。
じゃ、

冷静に!冷静に!


なんて思って、その混乱に抗おうとするのがいいのでしょうか?
でも、それはさながら急流の川の中で流されまいと踏ん張っている様なもの。
もし、心が折れて、混乱に巻き込まれたら、もう冷静ではいられなくなってしまいます。

んじゃ、どうすればいいのでしょうか?

私が思うに、どうもしないのが一番いいんじゃないかな、と。

「へ?混乱??焦り?なんじゃそら???」

実はこれが一番混乱に対して強いのだと思います。
だって、混乱の流れを「無視」しているのと同義ですからね。
以前にも書きましたが、この世に於いて「無視」とは「存在しない」と同義です。
急流の川を耐えるのではなく、急流の川にそもそも入らない。
そういう考え方。

アメリカがデフォルトしようとも、中国が内部崩壊しようとも、自分の生活範囲をよく考えれば、そうそう大きく変わる事ってないんですのよ。
戦争おこすぞ??
それを一番望んでいないのは、あんたらでしょw
そういう脅しがいつまでも通用するわけがない。

お金、お金、お金。

ん~。

お金ってそこまで血眼になって求めるもんですかね?
もし、お金が元の紙クズになったらどうなるんでしょうね?
個人的には大して変わらないと思うんですが。
それこそ、携帯電話を常に持っている人が、しばらく携帯のない生活をしてみたら、意外と快適だった、みたいなカンジで。
お金に縛られすぎると、色々見失いそうじゃないです?
ましてや、今は、金本位性でもなく、お金と実際の価値の相互の等価性がなくなり、まやかしの価値しかない紙クズ同然の大量の紙幣が世界を回ってる状態なのに。
あまりにも金やそれで手に入るものばかりに囚われるのは、肉体的(物質的)な価値に自分自身を強く縛りつけるのと同じ意味なんですけどね~。
ただ、お金というシステムの利便的性質(価値の代替物への兌換性)があったからこそ、ここまで人類は高度に発展した、という一面もありますから、お金が全部悪いといっているわけでもありません。

お金という、共通の価値の指標として流通しやすい代替物を使うことで、人類全体での分業化が捗ったのは確かです。

今までの人類というのは、高度な分業化によって、ここまでの発展をしてきました。
もし、今の人類から通信、連絡を奪い、分断し、その地、その地での自給自足を強制した場合、確実に文明が退化していきます。
本来、人がつながれる(交流を持てる)人の数というのは、一生のうちで多くて100人程度だったのが、通信、移動インフラの発達により、爆発的に増えていきました。
特に、インターネットという巨大な通信インフラによって、全ての人類が高度に並列につながる事により、人間は高度に緊密化した一つの大きな脳のニューロンネットワークの様になっていったのです。

例えば「スマートフォン」
自分がスマホを構成するための高度な知識がなくてもスマホを扱えるのは、その仕組みや構成物の組成課程が高度に分業化されているおかげです。
スマホのソフトウェアを作る人、ハードを作る人、ハードを構成する一つ一つの部品を作る人、そういった人達がいてくれるおかげで簡単に便利な機能を扱える。
これが高度分業化による人類全体への恩恵です。

また、ネットワーク(繋がり)でいえば、最初はせいぜい数百人で協力して作業するのが限界だったのが、実質インターネットでつながる全てのpc(人)をつなげて作業できるようになった。
当然、それだけ並列化すれば、わからない事がわかる可能性も、数百ではできなかった事ができるようになる可能性も高くなる。
生きる地域が違う人間同士がそれぞれの地で磨いた知識、得た経験を持ち寄る事で新たな発見をする可能性も高まる。
逆に、その巨大並列機構による弊害として、膨大すぎる情報量から、無駄も発生しやすくもなったりしますが。

しかし、その結果として、無限の進化という早期の絶滅への道もうまいことバランスを取って抑える形にもなっている。
今の文明社会というのは、なかなかどうしてかなりの理想形なのかもしれません。
ただ、肉体(物質)に縛られすぎると、個人欲求や排他的性質が強くなり、この進化と抑制のバランスが壊れ、その先にいけません。
ここらでダメになった過去の例は枚挙に暇がない。
ローマ帝国然り、ラーマーヤナ然り。

もう一歩先にいければ、これはもう、本当に歴史的ブレイクスルー。
人類史的にも地球史的にも。

支配?コントロール?

つまらん。
つまらんなぁ。

一つ書いておきましょう。
肉体的欲求に限りはない、というのは錯覚です。
本来は精神的欲求にこそ限りがない。
ただ、それを現世で自分に投影すると、肉体的欲求のように感じるだけです。
自分が高度に安定してくると、と、いうか、禁断症状の様な肉体的(物質的)欲求の制御に慣れてくると、なんとなく、本質はこれか、とわかる時があります。

今、自分は満たされていると実感していながら、それを否定し、本当は必要のない肉体的(物質的)欲求を求めると、それはまさに無限の如く続いてしまいます。
それは自分を自分で痛めつける様なものです。

素直でありましょう

まず、自分が満たされている事を実感する事から始めないと、何も始まりません。
自分が満たされる理由を投影された他人に求めるのをやめましょう。
自分のアナザーな似姿に自分の理想を求めても、それは蜃気楼の如きものです。
求めて、仮に手に入ったとしても(まぁ、入らないんですが)満たされる事はありません。
「あれ?なんか違う?」と必ず認識する事になります。
幸せの青い鳥なんていい例なんじゃないでしょうか?

まぁ、あれですよ。

ねだるな、勝ち取れ、さすれば与えられん、とかいうのがあったけれど。

ねだるな、落ち着け、幸せはここにある。


これが真理のヒトカケラ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かっちゅ~おんもさん

Author:かっちゅ~おんもさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR