自転車のオイルは、安くて効果が高ければいい!と思う

連続して自転車ネタです。

前回はタイヤの件だったわけですが、もう一つ、もっと安価で楽チン走行に効果が高かったモノを紹介します。
それが、これ。



と、セットでこれ。



上側が脱脂の為の機械にも使えるパーツクリーナー。
下の二つはシリコンスプレーで、サイズ(容量)が違うだけで中身が同じモノ。
ホームセンター等でも普通に売っています。
でも、多分、置いてある場所は、自転車コーナーとかじゃなくて、工具やDIYコーナーに置いてあるでしょうが…。
値段は、ホームセンターでも、クリーナとシリコンスプレーの両方併せて600円程度です。
うん、安いw

これらを自転車のチェーンや、リアスプロケット周辺に使うととてもペダルが軽くなりました。
ヴァクセンに最初からくっついているオイルはウェットタイプで、例えば走行中にチェーンが外れた際に手で戻すと、確実にお手々真っ黒の刑になってしまいます。
ですが、この潤滑剤を使用する事で、例え素手でチェーンに触ったとしても、そこまでドロドロになる事はありません。
どちらも安価ですが、実は自転車に使用しても全く問題ないどころか寧ろ推奨できる程。

自転車用のドライオイルって色々出ていますが、どれもとてもお高い。
このシリコンオイルの方は、プラスチックやゴムに吹いてもOKで、仮に自転車のタイヤやプラスチックパーツにかかっても平気なので気軽に使えます。(でも、ブレーキには吹かない様にしましょうね…。)

それに安いし!!

まぁ、そら、「「高価なロードとかに使用するから」とか、「なんかヤダ!自転車用がいい!」とかいう意見があるのもわかりますし、別にそういう気持ちや意見を否定するつもりはありません。
「自転車用」といった広告が、例えハロー効果であろうとも、「そういう気持ちが大事なんだよ!」っていうのも含めて、自転車の楽しみの範疇と言えるのかもしれませんしね。

でも、「自転車改造のライト層からしたら、こういうのもアリだと思うんです!」という私の気持ちもまた、楽しみ方の一つかな、と。

で、実際の効果の程なのですが、、、

抜群です。


自転車の後輪をメンテ台で固定して、手でペダルを回した時の軽さが、オイル交換前とは全然違いました。
実際に乗って確認して、効果がハッキリわかったのは、平地の通常走行時の軽さもあったのですが、何より登坂時にわかりました。
前回の慣性モーメントのお話は、主に平地で車輪が回転している時に特に感じる部分ですが、登坂時には、車両全体の重量増により、ペダルは多少程度重くなるハズでした。(もちろん、慣性モーメントの効果が登坂時にないわけではないですが、車輪の回転速度が落ちやすい分、効果は下がる。)

ですが、実際には、今まで2速か1速(53t-24tか53t-28t)でしか登りきれなかった坂を4速(53t-18t)で登れる様になったのです。

いや、これ、すごいですよ。

安いし!!!(強調)

正直言って、色々改造したけれど、恐らく費用対効果が最もよかった改造はここなんだろうなぁ…と痛感せざるを得ない程の体感含めた効果でした。

で、実際にスピード出易いんで、これのおかげもあって7速でも楽にまわせるんだろうなぁ、と再認識。

自転車のオイルって本当に重要なんだね!

と、通勤でちょっと頑張ったら、23分で職場に着いた本日に記念で書いてみるの図。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かっちゅ~おんもさん

Author:かっちゅ~おんもさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR