スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴァクセンBA‐10Rにリアキャリアをつけてみる その2

と、いうわけで、リアキャリア付けた画像どーん。
キャリアON

なんか微妙にバランス悪し…。
あ、ちなみにこの角度だとわかり難いですが、リアキャリアはサドル下まできちんと届いていますので、サドルポストにリクセンとかサニーホイールとかのアタッチメントを付けてバッグ等を提げてもちゃんと下で支えてくれます。
…ま、サニーホイールのsw-qre2でしかまだ試してないですけども。


しかし、この角度から見たらえらくダさいw
なんだか妙に後方にセットされている様にみえてしまうなぁ…。
実際にはそうでもないんですけどね。
ちなみに、リアキャリアの高さは一番低く(足の長さを短く)セットしました。
上からと横から力を加えてみましたが、頑強に付いています。
あと、自転車形態で移動する際(特に横に自転車が詰まっている駐輪場とか)で自転車を引き出す時に、リアキャリアを持って引っ張れるのが意外に便利です。
泥よけだけだと、左手でハンドルを持つ場合、シートポストかサドルしか持てる場所がないっていうのが地味に不便だったのに気づきました。

さて、リアキャリアは別として、フロントキャリアを付けた際に、フロントキャリアの左内側にタイラップを使ってヴァクセンの純正ライトをマウントしてみました。
この位置だと、カゴを着けても、その下にライトがセットされている形になるので、光束がカゴ等に遮断されることがありません。
また、対向車から、特にセダンタイプの車からすると、自転車のハンドルの高さにセットされているライトが丁度目線の位置に来て眩しい事もあるので、そういうのを避ける意味でも割といい場所かと思われます。

後輪についているコーダーブルームの馬蹄錠のカギには、これまた100円ショップにもあるナイロン巻き取りリール付きキーホルダーをつけ、

走行時には、それを馬蹄錠の支えの金具に着けたカラビナに引っ掛ける形でガチャガチャしない様にしています。
DSC_0472.jpgDSC_0471.jpg
更に、この形だと、外したカギをそのままベルトループに掛ければいいので、カギをなくす事もなく便利に運用できます。
GORINの馬蹄錠

でも恐らく同じ事ができると思います。

あ、あと折りたたみについて追加の画像をあげてみます。

折畳図横2折畳図上折畳図上2
基本的に持ち上げる時には、サドルポストとsw-qre2の直下を持つ事で安定して持ち上げられます。
ちなみにこの時点では、ハンドルバーの長さが58cmもあり、かなりハンドルの納まりが悪いです。
この後、長さを52cm程度まで詰めて、もう少し収まりは良くなっています。
ただ、エンドバーつけたので、そこも微妙にはなりましたが…。
こんなの。

で、このバーエンドの右側の先端に

このミラーをつけると、単純にハンドルバーの端っこにつけるより見やすくなりますのでオススメです。
ミラーが自分の前方目線の近くに来るので、視認の為にいちいち首を右向けなくとも、視線移動だけで十分になります。

ま、今その画像がないんだけどサ…( ´ω`)y-~~

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かっちゅ~おんもさん

Author:かっちゅ~おんもさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。