スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これから変な咳とかが出始める人たちへ

 できるだけ、外出の際はマスクをして出るようにして下さい。
それも、できるだけ細かい粒子まで防げるものを。
うがいも大事です。

でも、花粉には気をつけて…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: コメント有り難う御座います。

コメント有難う御座います。

>事前のお断り無しに、本日の投稿に掲載させて頂きました事を先にお詫び申し上げます。
構いませんよ^^

貴方へのコメントとして寄稿した以上、それはもう貴方のものです。
少しでもお役に立てたのなら幸いです。



>素晴らしい!と言わせて頂きます。
が、折角の内容なので別ブログを立ち上げられたらもっと良いと思うのは私だけかな?

ん~、私は今のままでいいと思っています。
書く時もまちまちですし、自分が書きたいと思った時にしか書きません、というか書けないのかな。
途中まで書いても、「あ、これ違うわ」と思ったら消しますし。
一回書き上げてアップしたら、それは消しませんけども。
私のこのブログを見る人には縁があって、見ない(見れない)人には縁がなかった。
つまりはそういう事なのかな、と。


>1月2日に大宰府に行かれたとの事ですが、福岡在住ですか?
福岡でしたらどの地域ですか?
私は東区の筥崎宮側に住んで居りますので、凡そ県内は頻繁に移動してますので、機会があればお会いしたいですね。

私は、少なくとも今は会わなくていい様な気がします。
人にはそれぞれの役割があって、決して同じではない、のではないでしょうか。
勿論、似た役割を持つ人がいたり、誰かの代わりとしてその役がまわってくるまで何もおきない人がいたりもするでしょうし…。
もし、会うべき時が来たらそういう気分になったりするでしょうし、そうしたいと思うんじゃないかな。
私が貴方のブログを見てコメントしたのも何かの縁とは思います。
でも、今はそれでいいんじゃないでしょうか。


>それから本日の予告ですが、何事も無ければ・・・と私も思うのですが、今日で無くてもいずれ大変は起きるでしょうね?!

コメントでも書きましたが、何もなくてよかったです^^
いずれ大変は起きるかもしれないですが、起きないかもしれません。
今日の朝の様に。

ご飯が食べられる、友達がいる、寝る場所がある、お仏壇の前に座ってお参りして心が落ち着く、こういった普通の日常への有難さや感謝が欠けると良くない事が起きてくるのかな、とは思います。
でも、大変がきっと高い確率で起きる!、ってあまりに強くそれに囚われるのも、なんか違うと思います。
それは、あくまで何にも反省をしない人間に強い反省を促すためにあるんじゃないのかな。
そうなってはいけない、そうしたくないから教えてもらえてるだけなのではないでしょうか。
最悪の形を。
それを最悪のまま捉えて、それを生のまま表に出してしまうと、みんなが「きっとそうなっちゃう!」と不安に駆られてしてしまうかもしれない。
勿論、それを見て、反省をする人も多くいるでしょうが。
でも、今の世情からすると、人の不安や恐怖を増幅する方に強く向かってしまいかねない。
だから、知らせなければならないけど、知らせてはならない、つまり「伝えられずに苦しい」のではないでしょうか。
私もブログの記事も、みんなが素直に聞いてくれそうな人の言葉をお借りしたり、簡単にではあれ、暗号化したり、予言、妄想、として書いたりしてます。
ここら辺が本当に難しい。
人の不安を煽るだけではならず、かといって適切に知らせるにはどうすればいいのかが…。
最後はもう、カンです。
前述した様に、「これ出していいかな、あ、でもやっぱやめた。」
こんなのはザラです。

今の自分もそうですが、「我善し」って自分で考えてないツモリでも、結構考えてる機会は意外に多いです。
だから、我善しをなくして、他人の為!って思うのは当然大事だけれど、他人を助けることばかりで家族や近しい人、そして自分自身を省みないのはやはり違う。
自分が苦しむと、それを悲しむ人もいます。
そして、家族だから犠牲にしていい、悲しませていい、なんていうのも単なる我(が)。
ある意味、我善し。
むしろ、家族や自分自身と向き合う恐怖から逃れる為に、他者を助ける事を免罪符にしようとしてしまうこともある。
でも、自分が安定してないと、他者に安寧をもたらせられるはずもない。
なんか上手くいかないし、いつまでも自分の気持ちが楽になることもない。
私には、そういう時がありました。

で、結局、一番最初にするべきなのは自分が潜在的に一番恐れているものとの対峙ではないのかな、と。

私にとっての最大の恐怖であり、ずっとできなかった事は、「自分の弱さを素直に認める事」でした。
もっとシンプルに言えば、「素直さ」がなかった。
他人から言われた事を素直に受け取る事ができなかった。
勘ぐったり、自分の価値観と違う、と最初から否定的に捉えたり…。
素直に認める。
それが全くできていなかった時は、本当に苦しかったのだな、と今振り返ると思います。
(今もイマイチ素直じゃない時はあるのですが、それでも前より素直になれるようにはなった。)
それこそ我を張って、弱さを隠して、しなくてもいい事に力を使って…。
本当に意味なく疲れる事を、自分からやってたんだな、と気付きました。
それを知る縁をくれた親やご先祖様、ご先祖様の言葉を教えてくれた方、会社の人、友達、みんなに有難い、という気持ちが勝手自然に沸いて来る様になってからは、まぁ、ほんと不思議なくらい苦しくありません。
良く言えば鷹揚、楽天的、悪く言えばな~んも考えてない莫迦。

でも、大体からして、神様が最初から人間が苦しむ様に仕向けるとは思えない。
本来を忘れて、それを知らずに生きるから苦しいだけで。
今苦しいのは、人間が自分で勝手に無理をしてるから苦しいだけなんじゃないかな。
勝手に思い込んで、勝手に決め付けて、勝手に無理をする。
そんなんじゃ、そら苦しいですよね^^;
今、私はムリを一切してません。
でも、それが自然なのではないでしょうか。
私は今の自分をとても気に入っています。



>これからも宜しくお願いします。
はい、宜しくお願いします。
プロフィール

かっちゅ~おんもさん

Author:かっちゅ~おんもさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。