スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放射線という名の「悪意」みたいなもの

タイトル。
変な事再びw

放射線の影響って、それを受け易い人と受けにくい人がいるみたいですね。
あんま肉食わない方が受けにくいかも。
と、いうか自然に、その生物本来の生き様に近い生き方をしていれば影響は少ないかも。
獣は獣。
植物は植物。
人は人。
それぞれの理に従った生き方。
素直な人程、その影響は少ないかもですな。
あ、子供に影響が出る理由は親とそれに連なる先祖の行いも関わってくるそうなので、子供がいかに素直でも、影響受け易く生まれてきてしまってる人も、その逆もいるみたいです。

単なる「悪意」なら、そんなに怖がる事ナイジャナイ!ってなりそうですが、その原因にあまりに近すぎる&それがデカすぎるとどうしようもない。
物理的に言えば、すっげぃ極小のヒートナイフが、とんでもない密度で束ねられて、それが全身に同時に突き刺さり、貫通する、みたいなもんだから。

(注:細かい部分は専門家に任すので、α~γ、X線、中性子線をまとめて放射線、というくくりにして書いていきます。)

それを一瞬で全身に浴びれば、全身各部が大やけどを負って、結果、死ぬ。
でも、そこまで近くなければ、影響は勝手自然に治癒するみたい。
距離に比例して減衰するみたいなんで。
あと、放射線が水や鉛で防御できる理由は、こう考えるとわかりやすいかも。(冷やす意味もあっけど)

「レーザーは空気中だと減衰する=気体中に含まれる水分子によって吸収、散乱して減衰する」
「固体と液体で考えれば、本来、大抵の物質で言えば、固体の方が密度は高いが、液体の方が高いっていうのは水。」
「約4℃の温度で水の密度は最大になる。」
「0~4℃までの水の性質は特殊。」
「鉛が放射線防御に有効で、また、実際に利用されている理由は、密度が高く、且つ、金やプラチナなどの貴金属のように希少、高価ではないから。」

極小の「ヒートナイフ」なんだから、その小ささでも止められる程の密度があるもの、且つ、熱伝導効率が良いものが重なれば防げる、ってことになるわけで。

つまり、おおまかに、ざっくりとイメージを言えば、
熱が奪われ温度が下がる>ヒートナイフが熱を持たないナイフに近づく。
密度が高くてナイフが止まる>貫通してくるナイフ数が少なくなる。
ってカンジ。

それに、いかに体が傷ついたとしても、本来の生物の体の治癒力からすれば、一つ一つの傷は小さいわけだから、弱い放射線ならなんちゃない。
「一回の全身ヤケド」と「一回のちょびっと指先にヤケド」、の差だと思えばわかりやすいかな。



自分が怪我をしたとすると、そこは治癒する。
その傷口は小さければ小さい程、治癒は早い。
だから、少量の放射線なんていうのは大した問題じゃない。
ただ、人によってはガンになり得る。
なぜなら、それは同じ所を何回も傷つけたら、そこがガンになるのと同じ原理だから。
それは放射線に限らない。
カミソリで顔を剃ってて、怪我をした。
その怪我の部位がずっと同じで、それが頻発するなら、治癒はするだろうけど、その患部はガンになりやすくなる。
それと同じ。
カルシウムに似てるストロンチウムさんを体内に摂取して内部被爆したらガンになる、とか報道されてたけど、これも同じ。
仮に取り込まれたとして、そして、骨に取り込まれたストロンチウムさんが放射線を出し続ければ、その影響を同じ箇所がずっと受け続けることになる=同じトコロを怪我し続けるのと同じ=ガンになり易い、ってコト。

また、「ストレス」という名の悪意(大抵は、自分自身で生産しちゃってるんだけども)で自分を傷つけて、ガンになる。
そういう意味では、ストレスと放射線は似てる、と言えるかもしんない。
悪意(に近いもの)を体内で製造し、それが体を傷つけるわけだから。

更に、放射線を受け止める生物の体の性質も考えると、ガンになり易い、なりにくい、ってのも少しわかってくるかも。
(自分はまだよくわかってないけど、もっとわかってる人はいそう。)
水が放射線を止めるって事は、放射線が水にぶつかって止まる、って事だわね。
えと、人間の体って主に何でできてたっけ?

ま、いいや。

あと、トンデモ理論としか思えないだろうけど、放射線は体に良い、っていうのも条件付では正しい場合もある。
ケミカルピーリング施術をイメージしてみたらちょっとわかりやすいかも。
新陳代謝を促進する為に塗る「薬剤」の部分が「放射線」に変わった、と思えば。
代謝の促進、という事は、古い角質を剥がし、患部を一時的に傷ついた状態に近づける、ってコトだから。
アルカリ泉で肌溶ける>代謝促進>肌ツルツル。
イメージは、これに近い。


でも、放射線にも、人為的なものと自然的なもので受ける影響が全然違う。
タイトルの「悪意」とは人為的に作られたモノの方。
理に反しているわけだから、それは性質的に「悪意」に近い。
反面、理に反していなければ、同じ放射線でも「悪意」に近いモノじゃなくなる。
この差は結構あるみたい。

注2:人工放射線=悪意に近い放射線と考えてくまさい。


でも、仮に人工放射線を物理的な熱線としての視点だけでとらえず、「悪意」みたいなものに近い性質を持った熱線、と考えると、弱い人工放射線は「善意」みたいなもので相殺できるのかもしんない。

お守り(数珠とかも?)、神社仏閣(全部が全部ではないみたい。)、とか、そういう神霊的なもので防げるのかもしれない、、のかもしんない。

でも、やっぱ「素直が一番」みたいなんですよね…。


今回の記事、よくわかんないでしょ?

うん、私もよくわかんない!!w
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かっちゅ~おんもさん

Author:かっちゅ~おんもさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。