スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さぁ、おしおきの時間だ…

朝日新聞関係者「首相の発言でバッシングが加速し、苦情や抗議活動、不買運動が連日展開され、部数を大幅に落とした」

朝日新聞が5、6日付の紙面で「慰安婦問題を考える」との大特集を組み、過去に同紙で取り上げた韓国・済州島での強制連行があったとした男性の証言を虚偽とし、記事を取り消した。従軍慰安婦問題で国際世論をミスリードしてきた非を認める大英断のようにも見えるが、その中身は言い訳がましい。“明確な謝罪なき検証”の先には、強烈なしっぺ返しが待ち受けている――。

朝日新聞は、5日付紙面で1面を含めた3ページで慰安婦問題を取り上げ、異例となる“釈明”に打って出た。

同紙は1980年代から90年代初めにかけ、日本人男性の吉田清治氏(故人)が済州島で 「女性を慰安婦として、無理やり連行した」という証言を何度となく掲載。強制連行があったとするキャンペーンを張っていたが 「再取材したが、証言を裏付ける話は得られませんでした」とし、記事を取り消した。

また90年代初めに女学生らを労働力とした「女子挺身隊」が慰安婦と同一扱いされた件も同紙は「当時、慰安婦問題に関する研究が進んでおらず、誤用した」と間違いを認めた。

吉田証言は約20年前に吉田氏自身が創作と証言し、デタラメと判明。挺身隊と慰安婦の同一視問題も20年以上前に明らかとなっていたが、朝日新聞は訂正に応じていなかっただけに、今回の特集は異例ともいえるわけだ。

ただ、保守論客で「マスコミと政治家が隠蔽する中国」などの著書がある前衆院議員の長尾敬氏(51)は「遅きに失するし、訂正はあっても謝罪がない。
誰も責任を取らない。捏造(ねつぞう)を確信犯で報じていながら、謝れない。朝日新聞の体質は全く変わっていない」と断罪する。

確かに特集では、慰安婦問題に火をつけたとされる91年に掲載した植村隆氏(当時記者)による元従軍慰安婦の金学順さんの証言は、 うそや隠蔽があったとされてきたが、同紙は「意図的な事実のねじ曲げはありません」と擁護すれば、女子挺身隊と慰安婦の混同は、 他紙でも見受けられたと責任逃れ。1面では「慰安婦として自由を奪われ、女性としての尊厳を踏みにじられたことが問題の本質」と問題をすり替えてもいる。

もっとも、吉田証言のうそ発覚から約20年にわたって、非を認めてこなかった朝日新聞が今回、わずかながらも訂正報道に踏み切った背景には社を取り巻く厳しい環境にあるようだ。

安倍晋三首相(59)は、一昨年の政権就任前に「朝日新聞の誤報による吉田清治という詐欺師のような男がつくった本がまるで事実かのように日本中に伝わって問題が大きくなった」と言及。
朝日関係者によれば、政権発足後は朝日バッシングが加速し、苦情や抗議活動、不買運動が連日展開され、部数を大幅に落とした。

明々白々なうそと分かっている慰安婦問題の過去報道を隠し切れなくなったというのが実情で、 同紙は「一部の論壇やネット上に朝日の捏造といういわれなき批判が起きている。読者への説明責任を果たしたい」と言及している。

自民党の石破茂幹事長(57)は「検証を議会の場で行うことが必要かもしれない」と朝日新聞関係者の国会招致の可能性もにおわせた。
保守陣営やネット上では「朝日の報道でどれだけの国益を損なったか。吉田証言がウソまみれと認めた以上、国は損害賠償請求するべき」 などと、朝日バッシングはやむどころか火に油を注ぐ事態となっている。
ttp://news.livedoor.com/article/detail/9121957/

----------------------------------------------------------------------------------------

ついに来ましたね、この時が。
これから本格的に始まりますよ、反日マスコミさんの葬式が…。

すわ、反日マスコミにも遂にKの法則が発動か?!

とも取れるといえば取れるのですが…。
ま、一応、書いていたしね。
このブログを常態的に読んでる奇人変人の皆様はご存知でしょうが。

この記事この記事から

かれこれ2年近く。
これらの記事を書いた時は、まだ民主党が政権与党でしたね、そういえば…。

さて、2012年12月~2013年12月迄の人と獣の境界線が引かれる猶予の1年。
一応、それに間に合う様に2年前に書いていたわけですが。
これまた期待通りというか何なのか、手前自身で人に戻れるチャンスをぶん投げて、
謝罪にもならぬ弁明を宣い、さらなる自身の獣化を進行させるとは…。

いや、まぁ、わかってたけどさw

分水嶺は超えたって書いてましたしね。

獣の心を人は理解できません。
人の心を獣が理解する事はありません。

だから、人は自ら獣と交わる事をしようとしなくなっています。
もし、これから反日メディアが日本国民から総スカンを食らう(もう喰らってるけどw)というのならば、
それは、反日メディアが自ら招いた過去の行いによる因果応報。

まさに今現在、最悪のタイミングで最悪の結果が訪れているわけですな。

更に石破さんが国会への証人喚問も検討し始めている、とのことで。
いやはや、泣きっ面にハチ、ですかな?

でも、ま~だまだぁww

ん~な程度で済むわけないでしょ?

今はまだ葬式の導入部に過ぎませんわよ?

2年前に書いていたでしょう?

葬式とは即ち、「日本国民による徹底的な無関心」だと。

現状の様に、文句言われてるウチはまだ致命傷を負って大出血してる、って程度ですよ。

ソンナモンデスムワケナイジャナイアハハ

かの国の惨状から学ぶ

いやぁ、なんというか…。
とりあえず列挙していきますね。

・インドネシアの高炉爆発情報隠蔽→インドネシア大統領選後の賠償確定
・UAEの原発建設契約違反ほぼ確定→巨額賠償もほぼ確定
・イラク油田反政府勢力制圧による損失確定
・河野談話検証による河野談合の内容露呈&有名無実化&賠償おかわり不可能確定
・保守勢力の大統領見放しによる政権焦りの徴兵促進&資産徴発促進確定
・若年兵叛乱による兵の士気の低さ露呈&更なる士気減退確定

この時の記事の後に起こった事だけを挙げても色々ありますね…。
7倍返しかぁ…。
たぶん、まだまだこんなもんじゃ済まないんでしょうね。

この現状から我々が学ぶべきは、

自分がこういった有様にならない様に普段の自分を律する気持ちを再確認する事です。


折角の悪(役割)とその惨状。
ここから学ばなければ勿体なし、です。

トランペッターが吹く終末のラッパの音は…

獣にしか聞こえません、と。

さて、

「忘れてないぜ獣共!!」


と、3年前の事がまとめにあがってました、2014.5.15付けの記事。

【拡散】民主党が東日本大震災で戒厳令を出さなかった理由が 酷 す ぎ た …

ttp://www.news-us.jp/article/397043367.html


日本国に於いて、戦後に一度だけ発令された非常事態宣言。
*ちなみに、非常事態宣言とは、国家等の運営の危機に対し緊急事態のための特別法を発動すること。戒厳令とは違います。戒厳令は非常事態を一時的に軍政で乗り切る形。*

その原因が、

阪神教育事件

wikipediaより

阪神教育事件(はんしんきょういくじけん)は、1948年(昭和23年)4月14日から4月26日にかけて大阪府と兵庫県で発生した在日朝鮮人と日本共産党による民族教育闘争、大規模テロ、逮捕監禁・騒乱事件で、GHQは、戦後唯一の非常事態宣言を布告した。
朝鮮人学校事件、大阪での事件は大阪朝鮮人騒擾事件、また神戸での騒乱事件は神戸朝鮮人学校事件とも呼ばれる。

まぁ、わかり易く書くと、

不逞在日朝鮮人とそのお仲間である日本共産党員が、日本国内でテロを行った事により、戦後唯一の非常事態宣言が発令された

って事ですね。

その時の新聞記事。
神戸新聞

アイケルバーガー司令官の神戸視察を報じた神戸新聞(1948年4月27日付)


で、まとめによると、3年前の東日本大震災の時、当時の首相であった民主党の菅直人が非常事態宣言をしなかった理由がコレだ、と。

2011年4月の書き込みのコピペ
民主党は、非常事態宣言=在日テロ蜂起がかつてあった事だと日本国民に知らせたくなかった


★民主党政権がなぜか非常事態宣言を出さない、その理由★

ヘリからの救援物資投下ができない、外国からの支援物資が日本の国内基準に合わないから港で差し止めとなり無駄になっている等々、この非常時であるのに法律や細かい規制が壁となり、
被災者に対する救援が進まない大きな原因になっている。

これに対して、なぜ菅首相は非常事態宣言を出さないのかという批判が当初より起こっている。
宣言することによって、法律や規制の壁をある程度のりこえた緊急対応が可能になってくるからだ。

先のニュージーランド大地震でキー首相は、地震発生の翌日には非常事態宣言を出し、被災地での夜間外出禁止などを呼びかけたが、これにより被害の拡大がかなり防げ、治安維持もしやすくなり、救援活動も一般的な災害時よりスムーズに行われることになった。

つい最近、外国のこのような事例をはっきり見ているはずの菅首相だが、なぜか非常事態宣言の布告を執拗に拒み続けている。

考えられる理由は一つ。今回それをやれば非常事態宣言についてマスコミが国民に説明することになる。
するとこれが戦後2回目になるという事実が国民に知らされる。
では1回目はどんな状況で出されたのか?
これを多くの国民が意識することになるからである。
---------------------------------------------------------

さて、ここまで改めて見ると日本国内にある政党単位で考えれば、震災当時は民主党だったわけですが、戦後から考えれば、日本国内の元祖反日勢力はやっぱり日本共産党っていうのがわかるわけです。
ってか、テロを実行した組織を政党として認めてる国っていうのはなかなかないんじゃないですかw

改めて考えても、本当に日本国という国は懐の深~い国ですね。

でも、日本共産党や不逞在日朝鮮人にとっては、半世紀経とうとも、そして民主党にとっては3年経とうとも、日本国民に忘れられる事がないこういった過去の所業。
人の噂も75日って?
獣にそれって適用されるの??w

やっぱりニゲラレナイなぁ…。
自分の過去の所業が自分に還ってるだけだもんねぇ…。
まぁ、でも、こういった悪があるからこそ、人は自分を律する心を自分の中に再確認するわけで。
大事なのは、こういうのを見て、

自分がそれを「他山の石」とできるか、それとも自分もその道を往くか?


なので。
こういったものを見て、

「一時的にいい思いができるとしても、それが人の道に反する事ならば、いつか必ず自分が苦しむ事になるからやめとこ。」

と思いながら、

「んだば、人と共に笑って生きられる自分になる為にはどうすっぺ~か?」

って考えて頑張る方が、最終的に自分に良い結果をもらたします。
だから、あえて区切った短い期間で自分の幸や不幸を値踏みしても、な~んの意味もありません。

そういった事を以前書きましたね。

2012年3月21日付記事
変わるのは自分で、変えられるのも自分。


また、反日勢力の過去の行いを反面教師として、各々自分が幸せになりたい形をもう一度思い出してみるのも大事です。
でないと、悪のキャストは悪として存在した意味がなくなってしまいますんで。
人生は短い様で意外と長い、、様でやっぱり短いw
どうせなら楽しく生きた方がいいと思います。

やっぱ素直が一番ですよ。




さて、最後にメルヘン宣言をしつつタイトル。
ワケワカランですよね。
でも、それでいいんですよ。
終末の四騎士にしても、終末のラッパを吹く7人の天使にしても、それを目の当たりにするのは煉獄修行のやり直しって事なわけで、ここじゃない世界でそれを見ている人もいれば、今、この世界でそれを見ている人もいる。

キリスト教にある

「悔い改めよ」

日月神示の

「身魂磨き」

どちらも同じなんだけどね。

仏教語である

「因果応報」

に至っては、

「善の道を選択したら、悪の道を選択したら」を一言で表してるだけだしね。

「人はよい行いをすればよい報いがあり、悪い行いをすれば悪い報いがあるということ。」

なわけで。

まぁ、因果応報は善悪両方だけど、結局その意図としているのは、

「こういう現世の過ごし方を選んだ方がいいよ?」

って事。
そういった「先人の知恵」。
遥か昔から伝わる「おばあちゃんの知恵」みたいなもの。
自分達の子々孫々が生きるこの世で、彼等がより楽しく幸せに過ごして欲しいって願いがこもっている。

そりゃその逆を生きてもいいよ?
そういう自由は与えられてるわけだしね。
その道を自ら選んでいけば、終末の四騎士も、トランペッターも、いつでも人は見る事ができるとも言える。
自らの在り方をそういう方向に変えれば見る事は可能っちゃ可能。
見えた時には、その人の現世での終末を意味するわけだけども。
まぁ、わざわざそんな形で修行せんでもよかろうが、と私は思うけど。
悪の道で修行するのも、善の道で修行するのも同じ修行っちゃ修行だろうけどもさ。
一応、最終目的からすれば、悪の道って遠回りだと思うんだ…。
個人的意見だけどさ。

最近は、反日勢力を見ててもさして腹も立たん。
自分が楽しく生きていると、そういうのに腹を立てる気すらなくなっていく。
粛々と自分の生き方を実行するだけでいいわけだからさ。
反日勢力がどうあろうと関係ないっちゃ関係ないわけですよ。

「そういう風になろうとも思わん」


っていう状態に自分が在るならね。
自分がそういう状態なら、いちいち反面教師を見続ける必要がないのもまた道理でしょ?
だから、そうなっていくんだよね、不思議とさ。

常識三流、嘘は超一流。とはいっても、既定路線なのでその状況説明らしきもの。

 最早救いようが無いなぁ、な有様のかの国。
沈没事故は、その規模の大きさもさる事ながら、事故後の対応がもうホントにかの国だなぁ、と。

いよいよ進退窮まった、、、と認識できていないんだろうなぁ、この期に及んでも。

他人に罪をかぶせて来たものの、誰にも責任転嫁できない状況だとこうなるよ、という見本。
そして、反日勢力の共食いの例示でもある。

わかるかな?わっかんね~だろうなぁ…。

永遠に光明が見えることの無い無明の無間地獄は、現世という煉獄の中にもあるんですぜ?と。
ま、それを己に見せるのは、己自身なんだけどね。
獣はそれに気づけない。
人である事を辞め、獣に堕ちて666の眷属となったモノはその宿命に従ってその身体が滅ぶ。
それは一個の肉体として、一個の集合体としての国家としても。
それは古の契約通りであり、テリオンナンバーを頭上に掲げたモノの末路として遥か昔から決まっていた事。
一時的に隆盛を誇る事を約束された代わりに必ず滅ぶ事も又約束されていた。
それは現世における闇や悪といった役割を演じたキャスト、とも言えるので、存在としてはなければいけなかったわけですが、ここまで凝縮されるとは、、、。
これからどうなるかは正直わかりません。
ただ、かのモノ達の状況がよくなる事がない事だけはもう決まってしまっているので、、、。

そう、書いてきましたしね。

自分では何の努力もせずに、全ての責任を他者におっかぶせて生きてきた(生きてこられてしまった)人間
最初から何にも頼れない中、自分が責任を負わざるを得ない状況で努力、研鑽し、結果として実力(問題解決力)を得た(得てしまった)人間
その両者を、お金の力(価値)が減衰した状況に置いた時、どちらが結果を出せるのか?

考えなくてもわかるでしょ?


これを書いたのが2012年9月27日。

国民が「特定の存在共に対して出す葬式の形」っていうのは、

徹底的な無関心

それは、いままで自分達自身が、戦後の日本国民の選挙意識や社会意識の根底に植え付けようとしてきたもの。
日本国民を愚民と嘲り、愚民政策などと呼称しながら煽動してきた行いそのもの。
それがこれから7倍になってお前達へ返る。


この記事は、2012年の12月13日に書きました。

そして、その5日後の2012年の12月18日に

集中と分散

基本的にこれからの日本や世界を善くしようとする人達の意識や力は、これから勝手自然に集まり、集中、深化していきます。
反対に、これからも旧態依然とした体制に縋ろうとする人達の意識や力は、勝手自然に分散、霧消していきます。


これ。

そして、2013年の7月17日に

前回の衆議院選挙の前にも後にも記事を書きましたが、特に後に書いた方のこの記述。

>反対に、これからも旧態依然とした体制に縋ろうとする人達の意識や力は、勝手自然に分散、霧消していきます。
これ、絶賛進行中です。
分散、霧消の直接的原因となるのは、即ち

共食い


これ。
そして参院選の後、2013年7月23日に

それにしても、共食いってそんなに楽しいの?
私には到底理解できそうにありませんね…。


こう書いた。

人と獣の境目は
まさに彼我の地平の如く
見目近くとも触れる事能わず
先交わるは二度となく
野火の平野に獣なし


そして、この記事を2013年の12月16日に書きました。

ここらの時点で、もう獣は人に戻れない分水嶺をほぼ超えていたのです。

過ぎちゃったんで、もう誰にもどうしようもできないんですが。
でも、ちゃんと1年の猶予期間は与えられていたんですよ?一応、、、一応!!
2012年12月22日からの1年間は。
この1年で人と獣の境界がハッキリしていき、見目近くとも触れられない、という状態になっていったのですから。
物理的に触れられないなんて事はないじゃないか!って思うでしょ?
でも、触れられなくなっていってるんですよ、物理的にも。
縁が断絶するから、触れられなくなるんです。
縁もゆかりもないと、人は人と接触する事はできないんですよ。
近づけてもニアミスがせいぜいです。
そういう一線が、かなりハッキリした形で引かれたのです。

だから、今回の沈没事故についても、お互いに触れ合えてないでしょ?

かの国が、例え支援を求めたくともできない状態になっている。
日本国は、支援を申し出ても、求めがない限りは勝手に支援する事はできない。

ね?

見目近くとも触れる事あたはず。

つまりはそういう事です。

あ、でも今回もお約束の如く、メルヘンって事でひとつw

ア○ヒ新聞さん…言論の自由って……何かね?(菅原文太風)

これ(元記事はzakzakさんのトコです)

朝日新聞、広告の一部が「●●」 言論の自由はどこに… 2014.3.6


朝日新聞が6日朝刊に掲載した、慰安婦問題をめぐる週刊文春(3月13日号)の広告の一部が「●●」となっていた。言論の自由を守るべき新聞社が、一体、何を隠そうとしたのか。

注目の広告は「『慰安婦問題』A級戦犯 ●●新聞を断罪する」「“火付け役”記者の韓国人義母は詐欺罪で起訴されていた!」というもの。当然、黒丸部分が気になる。

他紙を見ると「『慰安婦問題』A級戦犯 朝日新聞を断罪する」とハッキリと書いてあった。

文春を読むと「慰安婦問題をこじらせた元凶である朝日新聞」「(河野官房長官談話の)再検証に及び腰」などとあり、その驚くべき背景が記されている。

ttp://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20140306/dms1403061207004-n1.htm


 慰安婦問題を捏造した、天下の捏造新聞社、朝○新聞の植○隆(今現在は神戸松蔭女○学院大学の教授様に就任…しかけて取り消しw)の妻の母、つまり義母である梁○任が詐欺罪で起訴されていた事も出てるみたいですね。

そして、何より面白可笑しいのが、

既存のメディアが既存のメディアを叩くこの構図ww

まさに獣共の共食いじゃぁないですかww

どんなに○日新聞が広告欄に小細工しようとも、もう逃げられないw

今まではまだ同類としていた既存メディアの一つである「雑誌・週刊誌」に明確に名指しされて叩かれる始末w

雑誌・週刊誌がア○ヒを叩く記事を書く理由はただ一つ

「その方が売れるから!」

いいですねぇw

売れるから書く!
それの何が悪い!!


これって、過去アサ○自身が主張したことじゃなかったかなぁ?w

週刊○サヒを使って、更には大阪市区役所職員(30)&(38)を使って戸籍情報データベースの橋下市長の戸籍の不正閲覧まで駆使して橋下市長を叩こうとした時、最初にそんな事言ってなかったっけ?
勘違いだったかなぁ?w
勘違いだったなら、スマナイスマナイw
でも、仮にそれが勘違いだったとしても、そういう勘違いを消費者にさせてしまう事こそが、過去の己の所業による因果応報と考えられた方がよろしかろうw

己の過去の所業が己自身に還る。

その規模七倍となってw



まぁ、大概喰い合ったら、その後にちゃんと出てきますよ。
マトモな存在が。
どうせ、あと5年もすれば、学生運動世代もほぼ完全に現役を去るのだから。
そうなれば、更に過去の悪行が白日の下に晒される事になる。
なんせそれを止めようとする規模のでかい世代が完全にいなくなるからね。

で、

その頃にもなったら、腐ったマネをしてきた、その「現役を上手く退けた」と思い込んでいる方々への本当の処罰が始まる。
こんな風に…

【吉報】慰安婦詐欺の植村隆、教授就任の件が消滅したらしいぞ!!!神戸松蔭女子学院大学さんの英断に拍手!!!

ttp://www.news-us.jp/article/390657369.html

すごいですね。
こうして死ぬまで監視されるわけですか…。
日本国民に。
日本国民を愚民と呼び、蔑んだ結末がこれ、と。

まぁ、「国民の声」などと「日本国民を盾」にして、手前勝手なイデオロギーを押し付け、騙した結末としては順当か?ww

まさに因果応報www

まして、天下の捏造新聞社主筆の役職を退いて、南ト○スルランドのEastwest大教授様になっておられる御方の未来なんて……


うわぁ、こら悲惨www


さて、どうなるんでしょうねぇw
未来は誰にもわかりませんよww
えぇ、誰にもわかりませんともwww
あぁ、今回の記事もメルヘンって事で、一つw

いやぁ、ホント、草生えるわぁw
プロフィール

かっちゅ~おんもさん

Author:かっちゅ~おんもさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。